ありのままの自分で

出会いアプリを利用していて気になる人を見つけた時、まずはプロフィール欄を参考に相手の自己紹介や好みのタイプをチェックするでしょう。そこで自分が相手を気に入るかどうか、逆に相手の好みのタイプに自分が当てはまっているかどうかを判断する人がほとんどのはずです。

気になる相手の好みのタイプを押さえておけば、今後アプローチしていくうえでどのように接していくべきかの指標になるでしょう。「優しい人が好み」と書いている相手には優しく、「少々強引なくらいの人がタイプ」という人には少々強気なメッセージを送ったり、「家庭的な人が好き」と書いてあれば、料理や洗濯が好きだと自分の家庭的な部分をアピールしたり、「一緒にスポーツができるパートナーを募集中」とあるなら、慌ててスポーツについて調べて会話が弾むようにこっそり努力したり、相手の気を引くために様々な手段が考えられます。

相手の好みをリサーチしたうえでアプローチを試みる方法は、相手の好みに寄せていく健気な努力であると言えます。しかしその一方で、本当の自分を隠した偽装だとも判断されかねません。出会いアプリでそれなりに親しくなり、いざ実際に会おうという話になった時、それまで懸命に相手に合わせていた無理やごまかしが限界になり、あっさり相手にバレてしまう恐れもあります。メールのやり取りではうまく取り繕えたとしても、実際に会って会話した時の違和感はごまかしきれないものです。

好きな相手に合わせるというのは恋愛ではよくみられる状況ですが、こんごも長く付き合いたい相手には、あまり有効とは言えません。相手の理想の恋人に自分が当てはまらない場合でも、相手から良い印象を得るための方法はいくらでもあるものです。しかし、まず大前提として相手に嘘をついたり、自分を偽ったりせず、誠実に向き合う事の出来る人間でなければなりません。真剣な恋愛には、ありのままの自分で臨み、嘘偽りなく、誠意をもって相手に気持ちを示しましょう。